セフレ関係を求める場合の情報サイト

長期間セフレ関係は維持できるものかのか

一度セフレになることができれば、長期間その関係を維持することはできるのでしょうか?
これに関しては、人によって違ってくるので一概には言えません。

セックスをした当初は、お互い相性が合うと思っても、少しセックスを続けると、すぐに飽きてしまったりマンネリ化してしまうケースも多いのです。
そうなれば、もはやセフレの関係を維持する意味はないので、別れてしまうことになるのです。

恋人関係とは違い、簡単に別れることができますから、ちょっと飽きたと思ったら、すぐに別れてしまうケースも多いのです。
しかも、別れる際に相手の合意が必要なわけでもないので、別れたいと思ったら一言「別れよっか」と報告して終わりなのです。

したがって、たとえ自分は関係を維持し続けたいと思っていても、相手がそう思っていないのであれば、やはりそこで関係は終わってしまうのです。
つまり、セフレ関係を長期間維持し続けるためには、双方がそのような気持ちを持たないといけないのです。

もちろん、セックスに関することだけでなく、家庭や仕事の都合で別れる人も多いでしょう。
ですから、セフレ関係というのは、半年程度維持できれば御の字だと言えますし、普通は数ヶ月ほどで別れてしまうものなのです。

欲求を満たし合うセフレ関係がオススメ tele cayman

同じ会社のOLとセフレになってしまったら

社内恋愛というのはよくあることではありますが、社内セフレというのも存在するのでしょうか?
結論から言えば、十分にあり得ることだと言えます。

例えば、飲み会で遅くなってしまい、同僚のOLがすっかり酔っ払ってしまい、終電もなくなったことで自分の家やホテルで介抱してあげて、それがきっかけでセフレの関係になってしまうケースもあるのです。

ただ、普通のケースであればセックスをする時にしか会わないのですが、この場合は毎日顔を合わせるわけですし、しかも朝から夕方まで一緒に過ごすわけです。
恋愛であれば堂々と公表することもできますが、セフレになればそうもいかないわけです。

もちろん、周囲には至って普通の同僚関係を装うわけですが、どうしてもそわそわしてしまったり、仕事で話したりする時も、なんだか変な気分になったりするものなのです。
あまりに挙動が変だと、周囲にもおかしいと思われてしまいかねないのです。

このように、社内セフレというのは、想像以上に気を遣うものですし、精神的にも結構大変なものなのです。
そのため、案外すぐに関係が終わってしまうことも多く、元の同僚関係に戻るケースも多いのです。

やっぱり、たまに会うからこそ精神的にも楽なわけですし、毎日顔を合わすのは本当に疲れるのです。